エコトレンドレポート

 
レポート一覧へ

第4回経済活動と結び付くエコ

【2009年10月08日】


エコと結び付けて環境を守る仕組みや動機づけを経済活動の中に組み入れた政府や企業の取り組みが私たちの暮らしの中で広がりつつあります。
「エコポイント」や「カーボンオフセット」などもその一つです。リサーチをもとにそれら取り組みについて寄せられたみなさんの声をレポートします!

リアル「エコポイント」/「カーボンオフセット」、聞いたことはあるけれど・・・?


 

リアル「エコポイント」

第7回「エコポイント対象商品を購入しましたか?」

今回は「エコポイント対象商品を購入しましたか? 」
こちらの回答は、1位が「今のところ購入する予定なし:1327人」、2位「すでに購入した:658人」、3位「購入する予定はなかったがこれをきっかけに購入を検討中:404人」、という結果でした。

購入予定のない方の大半は、「まだ長く使えるので壊れるまで使い続ける」という「もったいない」を意識した意見でした。また買い替えた方からは、「省エネ商品に替えてから電力消費の低さに驚いた」、といった意見を多くいただきました。反面、エコポイントの付与については、「エコポイント商品はかなり限定されていて、消費電力の高いエアコンより消費電力の低いTVの方がポイントが高いのはエコなのか?」という意見も寄せられました。

エコポイント制度は、(1)地球温暖化対策の推進、(2)経済の活性化、(3)地上デジタル放送対応テレビの普及を目的として実施されています。このようなコメントが寄せられたことから、特に(1)に関するみなさんの意識の高さが伺えます。

エコポイント制度に対しては、世間の関心も高く、いろいろな意見がありますが、グリーン家電を購入すること、使用することで省エネを意識するキッカケになると思っています!

エコアクションポイントマーク

更に、環境省では平成20年度より家庭部門全般のCO2排出量削減を促すエコ・アクション・ポイント(EAP)事業を実施しています。家電以外の商品も対象にしているので今後はこのエコ・アクション・ポイントにも注目してみましょう!


リアル「エコポイント」/「カーボンオフセット」、聞いたことはあるけれど・・・?